マイナンバーカード

引用元:https://www.kojinbango-card.go.jp/

令和2年に菅総理になってから、何かと話題のマイナンバーカード。

僕は持っていなかったのでネットで作り方を調べたら、kireiという証明写真機がありました。

ただ、肝心の証明写真の料金や費用が不明だったんですよ。

なので、実際に行ってきました。

今回は僕の実体験を元に「マイナンバーカードをkirei「証明写真機」で、
直接申請する為の証明写真の料金はいくら?受け取り方も調査!」

こちらをお伝えしますね。

スポンサーリンク

kirei「証明写真機」でマイナンバーカードを直接申請する場合の注意点

まず伝えたいのがどのkireiの証明写真機でも、マイナンバーの直接申請ができる訳ではないようです。

他にもこの記事の下の方で紹介していますが、写真のモードでエクセレントモードも使えない場合があります。

なので、あなたの近くのkireiがどの機能があるのか、以下のリンクから調べて下さいね。

kirei設置場所や機能を調べる。

ちなみに、直接申請できる場合うさぎのアイコンがあると思います。

エクセレントモードができる場合は、「EX」というアイコンが有るはずなのでチェックしてから検索して下さいね。

マイナンバーカードをkireiで直接申請する為の証明写真の料金はいくら?

kireiでマイナンバーカードを直接申請する為の、証明写真の料金は2パターンあり選べます。

1つ目がレギュラータイプで料金は800円です。

2つ目がエクセレントモードで、1000円です。

・・・恐らく今あなたはこう思いませんでしたか?

「いい値段するしやっぱりスマホで自撮りしよう」

その気持ちは分かりますがスマホで証明写真を自撮りするのは、光の加減や背景など色々難しいですよ「これも体験談」

今回の写真は発行時点の年齢が20歳以上なら、約10年使うので見栄え良くキレイに撮っても損はないと思います。

ちなみに僕はレギュラータイプで撮りましたが、自撮りとは比べ物にならない程キレイに撮れて満足しています。

今更ながら気になったのでエクセレントモードと、レギュラータイプの違いも調べてみました。

kireiのレギュラータイプとエクセレントモードの違いは2つ

kireiのレギュラーに無いエクセレントモードの特徴は2つありました。

kirei証明写真

引用元:https://www.dnpphoto.jp/products/kirei/ex/

1つが肌質「美肌」補正や肌色まで選べるようです。

肌質の補正の項目でヒゲやクマやシミを目立たなくできるようです。

これは多くの男性女性それぞれの、顔のコンプレックス上位の悩みだと思うので嬉しいですね!

肌色の補正では色を白にプラス1、プラス2。

黒にプラス1、プラス2など選べるようです。

こちらは特に女性に嬉しい内容ではないでしょうか?

 

2つ目は証明写真の背景色を変えれるようです。

kirei証明写真

引用元:https://www.dnpphoto.jp/products/kirei/ex/

9つ程選べるようですが恐らく多くの方は白か青が多そうですね。

ピンクがあることに個人的には気になりましたが。

因みにレギュラーモードで撮った時の背景色は青でした。

kireiで直接申請した場合のマイナンバーカードの受け取り方も調査!

マイナンバーカードの受け取り方ですがマイナンバーのホームページによると、
交付申請をした後、概ね1ヶ月ほどで市区町村から交付通知書「はがき」がご自宅に届くとあります。

交付通知書「はがき」に書かれている場所に、必要な持ち物を持って期限までにご本人がいくそうです。

マイナンバーカード

引用元:https://www.kojinbango-card.go.jp/uketori/

ただ、場合によっては本人でなくても良いようで、持ち物も一部なくても大丈夫なようです。

当日に受け取りに行く場合は忘れ物がないように気をつけたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「マイナンバーカードをkirei「証明写真機」で、
直接申請する為の証明写真の料金はいくら?受け取り方も調査!」

こちらをお伝えしてきました。

料金はレギュラーは800円でエクセレントは1000円です。

マイナンバーカードの受け取り方は交付申請をすれば、約1ヶ月ほどで交付通知書「はがき」が市区町村からご自宅に届く。

交付通知書「はがき」に書かれている場所に、必要な持ち物を持って期限までに例外を除き本人が行く。

あなたの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク